豊橋の食文化

その中にはいつも焼き鳥があった

県内の有名都市との焼き鳥屋の比較でも…

岡崎市 人口:375,162人に対し 約50軒

豊田市 人口:419,538人に対し 約75軒

豊橋市 人口:373,770人に対し 約100軒以上!!

※人口は2014年1月調べ

地元企業が産んだ ブランド鶏“錦爽鶏”

豊橋で焼き鳥がうまいのはなぜか。
その理由は、専門の生肉場の直営農場で生まれた地元のブランド鶏にあります。
そう、その名の通り、美しく爽やかな鶏を目指し生産された「錦爽鶏(キンソウドリ)」が使われているから。
当たり前のように美味しい人気の串には、この鶏の偉大さがおおいに関わっているわけです。
肉質が軟らかく、適度な弾力を持ち、低脂肪・低カロリー。 臭みがないため、鶏の持つ本来の旨味とコクをしっかり感じられる「錦爽鶏」は、
まさに焼き鳥の為に生まれてきた鶏と言っても過言ではありません。
さらにはそこに料理の技巧、すなわち熟練のテクニックが合わさるとなれば、“絶品”の二文字が口の中に躍り出ます。
豊橋の魅力、ひいては名古屋界隈の名物として、「錦爽鶏」の焼き鳥は“うまい”のでおすすめです。

「錦爽鶏」の素材のうまさとこだわりの技が生み出した串焼きを、ぜひご堪能ください。

― 焼き鳥の為に生まれてきた鶏 ―

100軒以上ある焼き鳥屋激戦区 豊橋に なぜ『なかむら家本店』はあるのか?

それは…舌の肥えた焼き鳥好きの豊橋の人の中で育ててもらい“なかむら家”を通じ、恩返しをしたい!

その想いで、この豊橋の地に『なかむら家本店』を構えました。
お陰様で地元の方々をはじめ、皆様に愛していただきました。

これからも、どこまでも手間を惜しまず、丁寧に、
美味しさへの追及にこだわり続けます。
一人様でも多くの皆さまに恩返しできますよう、
スタッフ一同心よりお待ちいたしております。

その他のメニューはこちら

Copyright © NAKAMURAYA HONTEN. All Rights Reserved.